【営業時間】
AM9時~PM12時
PM1時~PM5時
【定休日】
土曜日・日曜日・祝日

税務調査対応

 Q.税務調査とは? 

 納税者の方が正しい申告をしているか、税務職員が「質問検査権」という権限に基づいて申告内容を確認するために、納税者本人はもちろんのこと、その家族や取引先などの関係者に対して調査が行われます。 

 Q.連絡はいつ、どのように行われるのか 

 通常は調査開始の概ね1週間前までには、納税者本人に対して電話で調査の通知が行われます。

 しかし、事前の通知なく、ある日突然調査官が自宅や事業所に来ることもあります。             

 Q.なぜ税務調査の対象となるのか? 

 税務署に集まったいろいろな資料や情報を基に、申告内容が正しくないと疑われる納税者に対して調査を行います

 税務職員が納税者の申告内容を正しくないと想定する際、その納税者に悪意があるかどうかは関係ありません。

 ですので、自分では正しい申告をしているつもりでも、税務調査の対象になる可能性はあるのです。       

 Q.自分だけで調査対応できるのか 

 税務調査は納税者本人に対して行うものですので、本人が税務職員の質問に受け答えできれば何の問題もありません

 しかし、税務職員は調査のプロです。そもそも申告が正しくないと想定して調査に来ているので、鋭い質問を矢継ぎ早にしてきます。納税者が冷静さを保って最後まで受け答えし続けることは、相当な精神力が要求されます。

 税理士は、そんな納税者に代わって調査対応できる資格を持った唯一の専門家です。             

  Q.税理士は誰でも調査対応できるのか 

 税理士は、納税者本人に代わって調査対応できる資格を持った唯一の専門家であり、税理士であれば誰でも調査対応が可能です。

 しかし、税理士には税務調査対応が得意な人とそうでない人がいるのも事実。

 当事務所では、国税組織における税務調査歴20年超の所長税理士が税務調査対応のプロとして、お客様の不安や精神的負担が少しでも軽減されるよう支援するとともに、1日でも早くお仕事に専念できるよう、調査の早期終結に向けてしっかり対応いたします。                        

     

  税務調査対応報酬料金(税別) 

              ◇顧問契約のあるお客様(注1)  ◇顧問契約のないお客様(注2)

 ○税務調査対応 1日          50,000円         100,000円

 ○税務調査対応 半日          30,000円          50,000円

 ○納税額減免報酬        減免税額の10~20%      減免税額の10~20%   

 ○修正申告書 1期分    ・所得税  30,000円    ・所得税  60,000円

               又は、規定の決算料の30%    又は、規定の決算料の30%

               ・法人税  50,000円    ・法人税 100,000円 

               又は、規定の決算料の30%    又は、規定の決算料の30%

               ・消費税  50,000円    ・消費税 100,000円 

 ※上記以外の報酬料金については、当事務所規定の料金となります。 

(注1)税務調査対応のご依頼と同時に顧問契約いただければ、顧問契約のあるお客様の料金となります。

(注2)税務調査対応のみご依頼いただいた場合の料金です。 

 

 お客様の声 

 

【仙台市青葉区・S様・個人事業者】

・当事務所にご依頼いただいたきっかけを教えてください。

 税務署から税務調査を受け、調査初日は私一人で調査官とやりとりしたのですが、幾多の質問にまごつくばかり。税に関して疎い自分では対処しきれないし、精神的に負担を感じたので、専門家である税理士さんにお願いすることにしたのです。

  知人に紹介された税理士さんが「税務調査対応なら『つしま税理士事務所』が良いですよ。 」とおっしゃったので、對馬先生にお願いすることにしました。


・当事務所の対応はいかがでしたか。

 調査官からの指摘に対して、私の主張をしっかりと代弁していただきました。丁寧な対応で、とても心強く、また、申告の時に計算に含めていなかった多額の経費も計算に含めていただくなどして、追徴税額を大幅に減額することができました。何より、税務調査対応のプレッシャーから救っていただきました!

 自分一人で悩まずに、調査初日から對馬先生にお願いすれば良かったです。

 信頼のおける税理士さんを紹介していただき、本当に助かりました。ありがとうございます!



【山形県・S様・会社社長】

・当事務所にご依頼いただいたきっかけを教えてください。

 夏頃に税務署から税務調査の連絡を受けていたのですが、仕事が忙しかったためずっと対応を先延ばしにしていました。しかし、年末が近付いたある日のこと、取引先から「税務署があなたの会社との取引内容を確認しに来た」との連絡を受け、このままでは今後の取引に支障が出てしまうと心配になり、慌ててインターネットで税務調査対応をうまくやってくれそうな税理さんを探したところ、仙台の對馬先生を見つけました。對馬先生が税務署で長年調査を担当していたという経歴を見て、この先生ならきっと力になってくれると思いお願いしたのです。


・当事務所の対応はいかがでしたか。

 初めて電話で問い合わせた時はすでに年末も押し迫った頃でしたが、對馬先生は年末年始の間に何度も山形まで足を運ばれ、自分の不安を和らげてくれました。

 以前も税務調査を受けたことがあるのですが、その時は全て自分一人で対応し、よく理解できないままに多額の税金を支払うことになってしまいました。しかし、今回は對馬先生が事前打ち合わせをしてくれ、調査官がどのような目的で、どのような手順で調査を進めるのかなど、段取りを丁寧にわかりやすく教えてもらえたので、調査当日は落ち着いて、時折談笑もしながら和やかな雰囲気で調査に応じることができました。

 結果的に今回も税金を支払うことになりましたが、對馬先生は経費に入れていなかったものを認めてもらうよう調査官に折衝してくれ、納税額を減らしてもらうことができました。また、私が調査官と直接やりとりしたのは最初の1回だけでそれ以降は全て對馬先生が税務署の対応を素早くしてくれたので、あまり仕事に支障なく調査を短期間で終えることができました。

 半年間、税務調査のプレッシャーを感じ続けていたことを考えると、對馬先生にお願いしてもっと早く調査を受けていれば良かったです(笑)